« マンソンとメタリカ | トップページ | ドラムと音源 »

2010年7月14日 (水)

レコーディングとELEGY

 トリビュートのレコーディング、1曲がほぼ終わったわけですが。なれない作業ということで、案外時間がかかってしまいました。直前になってあわてることのないよう、前前からもっと集中してがんばってればよかったなぁと。そのあたり反省点ですね。それからなんだかんだで、レコーディング後のミックス作業が結構楽しいんですよね。その辺はそんな知識があるほうではないので、知ってる限りの知識を尽くしてるだけですが、結構がんばったつもりです。完成版を聞いてもらうのが楽しみですね。もう1曲のほうはわりと難航中。結構難しいんですねこれが。コピーはできてるんですけどね。まぁそれは努力します!w

 最近のお気に入りはメタリカのMaster of Puppetsと書いたんですが、それとは別に、ELEGYというバンドがマイブームです。結構前のバンドらしいんですが、音やらメロディやらが僕の好みだなあと。サウンド的に、ニューメタル的ななめらかな音より、こういう感じの荒っぽい音のほうが好みなのですよ。で、メタル好きな僕がこんなことを書くのはおかしいかもしれないですが、デスボイスやらシャウトやらで終始歌ってる曲よりは、メロディアスでキャッチーな音楽のほうが好きという。皆さんはどうでしょう。

|

« マンソンとメタリカ | トップページ | ドラムと音源 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1049785/35750685

この記事へのトラックバック一覧です: レコーディングとELEGY:

« マンソンとメタリカ | トップページ | ドラムと音源 »