« 感覚が… | トップページ | ほすぃ »

2008年9月20日 (土)

表現力

 楽器を演奏する人、つまり演奏者は、いわゆる表現者です。単に楽器を弾いて音を鳴らすだけなら誰だってできます。表現者が表現者であるには、曲にせよ絵にせよ文にせよ、どれだけ個性や気持ちや感情といったものを表現できるか、それを追求しなければならないと思います。
 実は前回のレッスン時に、ソロパートにて「もうちょっと表現力がほしい」といわれました。アーティストのコピーをしてるんですが、それでも強弱、ビブラート、リズム。いろんなところでいろんなものが表現できるんですよね。盛り上がるところ、静かなところ。技術も大事ですが、そういう表現力っていうのも演奏者としては技術と同じくらい、否技術以上に大事なものだと思いました。とはいえ、表現をするには技術が必要です。技術を磨きながら、表現力をつける、よし、これも当面の課題ですね。

|

« 感覚が… | トップページ | ほすぃ »

技術(?)の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1049785/23869044

この記事へのトラックバック一覧です: 表現力:

« 感覚が… | トップページ | ほすぃ »